精力剤の成分

南米で男女兼用の媚薬として愛されてきた「クラボワスカ」とは?

更新日:

シーサー
ねぇ博士…女性と一緒に楽しめる精力剤はないですか?
ガッツ博士
それならクラボワスカという成分が含まれている精力剤はどうじゃ
シーサー
なんですか?そのクラボワスカってのは?

クラボワスカとは「南米アマゾンに自生する全長80mにもなるツル植物」で、アマゾン先住民のシピボ・コニボ族やカヤップ族、アスリニ族などで昔から「男女兼用の媚薬」として愛用されてきた植物です。

シーサー
男女兼用の媚薬?それはすごく興味があるな…

シーサーくん…すごく興味津々ですね。

では今回は「クラボワスカとは何なのか?」について説明をしていきましょう。

南米で男女兼用の媚薬として愛用されてきた天然の精力剤

先ほども紹介しましたが、クラボワスカはアマゾン先住民のシピボ・コニボ族やカヤップ族、アスリニ族などで昔から「男女兼用の媚薬」として愛用されてきた植物です。

ペルーには「男性の勃起不全(ED)」や「女性の不感症・性欲減退」のための精力剤で有名なものが2つあります。

1つは「シエテ・ライーセス(七つの根)」で、もう一つは「ロンペ・カルソン(パンツ破り)」という精力剤で、どちらの精力剤も「クラボワスカ」が配合されています。

シーサー
南米では馴染みのある成分なんだね

クラボワスカの効果

シーサー
何で南米ではクラボワスカが媚薬として愛されているの?
ガッツ博士
ティナンティナ効果じゃな

ティアンティナ効果とは?

ティナンティナとはアルカロイドの一種です。アルカロイドとは「植物体に存在する特殊な塩基性成分の総称」で、一般的に少量で動物に対して強い生理作用をもつものが多いです。

例えばカフェイン・ニコチン・モルヒネ・コカインなどはアルカロイドの一種です。

クラボワスカが南米で男性にも女性にも効く媚薬として考えられているのは、ティナンティナによって覚醒効果が得られ、人間の本能(性欲)を呼び起こせると信じられているからです。

ガッツ博士
他にもユーゲノルやエッセンシャルオイルが活性成分じゃ

ブラジルの研究者が行った研究では、「ティナンティナ」だけでなく、「ユーゲノル」と呼ばれるタンニン酸や「エッセンシャルオイル」も活性成分として発見されました。

【ユーゲノルとは】

ユーゲノルはタンニン酸の一種で、鎮痛効果や炎症抑制作用があるといわれています。

【エッセンシャルオイルとは】

エッセンシャルオイルは精油のことです。ホルモン調整作用や殺菌抗菌作用などがあり、人間の身体に備わっている自然治癒力を最大限に引き出して高める作用があると言われています。

ユーゲノルは鎮痛効果があるので「歯の痛み止め」としても利用されているようです。

ガッツ博士
ただクラボワスカは科学的根拠が立証されていないのじゃ

クラボワスカは南米における豊富な伝統的利用実績があるが、科学的な研究結果は公表されていないのが現状です。

シーサー
なるほど漢方のようなものですね

クラボワスカの危険性

シーサー
ちなみにクラボワスカって成分は体内に入れても安全なんですか?
ガッツ博士
医薬品ではない天然成分じゃから大丈夫じゃ

クラボワスカは天然の植物由来の成分なので「副作用」といった心配は必要ありません。

また麻薬・薬物などではありませんのでご安心ください。

ただ普段から馴染みのある成分ではないので「万が一」体調に異変を感じたら使用を止め、医師へ相談されることをおすすめします。

シーサー
なるほど…試してみる価値はありそうだな

クラボワスカが配合された精力剤「ギムリス」

シーサー
クラボワスカを試してみたいんだけど…
ガッツ博士
それならギムリスがおすすめじゃな

ギムリスは近年人気急上昇中の精力剤サプリメントで、業界で始めて「クラボワスカ」を配合しています。

男女で一緒に精力剤を楽しみたいという人にピッタリの商品ですね。

ギムリス

ギムリスはL-シトルリン成分量が1粒750mg相当を配合(1箱45000mg配合)。また業界初の「クラボワスカ」を配合。 

ガッツ博士
ユーザーの満足度が97%じゃ

ガッツ博士
クラボワスカは最近ヨーロッパでも利用機会が増えておるそうじゃ。いよいよアジアにも進出じゃな

-精力剤の成分

Copyright© ガッツ博士の精力剤 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.